新コロナ対策

このエントリーをはてなブックマークに追加

ダイビング事業継続のため新型コロナ感染症対策のご協力お願いします。

出来るだけ簡単にしたいので説明を省いて記載してあります。ご質問はお問い合わせください.

ダイビング当日の対策

  • 現地集合:電車の方送迎あり
  • 手洗いのお願い:集合後の受付前、送迎車の乗車前、昼食前、休憩時の飲食前、更衣室のご利用後
  • マスクの着用(ご用意ください):電車の方、休憩時間中、スタッフも着用いたします。
  • お弁当をご注文の方は電子レンジ調理してからお召し上がりください。
  • 申込書、免責同意書のスマホ記入(スマホない方は紙の申し込みをご用意しております。)
  • 更衣室内では手でご自身の顔に触れないよう気をつけてください。服は更衣室から持ち出してください。


レンタル器材、MY器材への対応

  • リトルリッツ専用の器材洗い水槽をご用意します。
  • my器材のマスク、スノーケル、レギュレーターは水槽を使わずに水道の流水で洗いましょう。
  • レンタル器材のマスク、スノーケル、レギュレーターは使用後の次亜塩素酸ナトリウム液に漬け込み殺菌をいたします。
  • レンタルBCをご利用の場合、本当の緊急時以外はオーラルインフレーションを行わず吸気ボタンを使いましょう。
  • エアーシェア時エアシェア専用のオクトパスを利用する
  • 感染リスクを軽減するためMY器材でのダイビングをオススメします。(購入はマスク、スノーケル、レギュレーターが優先)


保健所、必要機関への情報提供について

ダイビング当日終了後2週間以内に新型コロナ感染が発覚した場合速やかにご連絡ください。

当店で感染が疑われた場合は該当の濃厚接触者の方、保健所、必要期間への個人情報の提供を行います。

それ以外については守秘義務に準じます。


緊急時の対応(一次救命の方針です)

通常の一次救命を基本としていますが下記が変更点です。

  • マウスtoマウスの吹き込み禁止
  • 酸素供給時マニテーターを利用した人工呼吸を致します。
  • 救助者はダイビングマスクを外さない
  • 陸でのレスキュー班は出来る限りアイシールド、不織布マスクを利用
  • レスキュー活動終了後、手洗い、不織布マスク使い捨て、バリア類消毒。消毒終了まで顔に触れないようにする。

※2020/5/16更新