アドバンス講習

このエントリーをはてなブックマークに追加

アドバンス講習

アドバンス講習の内容は沢山あります。下記の講習内容から2つの固定と残りの中から3つ以上の講習を受けていただきます。リトルリッツのアドバンス講習は残った内容も全て受講費無料。ダイビング代だけで受講が可能です。5個でも10個でも受講料は同額です。さらに忘れてしまった講習もう一回受けなおしも無料。お得な講習パックなっています。

ナイトロックス講習

ナイトロックス-エンリッチドエア-講習詳細へ>>>

酸素濃度40%以下のナイトロックスタンクを使ったファンダイビングが出来るようになります。30歳以上はマストなスペシャリティーになります。体験ナイトロックスコースも開催。ダイビング後の疲れ具合が非常に楽になります。(個人の意見)ダイビング後、車で帰る方にもオススメです。
1時間程度の座学と2ダイブの内容となっております。

ナイトロックス講習詳細へ>>>

フロート打ち上げ講習

ダイバー必須携帯のフローとの使い方を練習します。
・迷子になったら迷わず使います。
 安全停止中に見つけてもらえるようになります。
・ボートダイビングではぶら下がりで安全停止
 浮上速度が守りやすい。水深5mの安全停止を無意識で出来る。
シグナルフロートの使い方をこの2点に絞って練習します。

中世浮力

中性浮力の取り方難しいですよね。中性浮力の取り方のコツは
・BCに空気を入れる量を調整する?
・呼吸を意識する?
じゃ無いんですよ。
実はもっと意識をするところがあるんです。それが下記の2つです。
・姿勢
・重心
この2つを意識するだけで後は勝手に上手になります。リトルリッツの中性浮力講習は上達が早くて結果が出やすいんです。

ディープダイビング講習

ディープダイビングを受講すると水深30mまで潜ることができるようになります。レクリエーショナルダイビングの限界地点です。
ディープダイビングの大事なところは2点
・学科(知識)
・ブリーフィング(潜水計画の確認)
実習より学科講習、前段階が重要になります。ちゃんとした講習を受けましょう!

ドライスーツ講習

冬場に使うドライスーツ。快適に使うために何に気をつけたらよいかが分かります。
・ドライスーツのインナーは何を着たら良いのか
・実際の使い方
・日ごろのメンテナンス
リトルリッツではドライスーツのレンタルが冬季(11月~4月)は無料だから利用しやすいです。全部の種類のドライスーツを所有しているので各ドライスーツのメリットデメリットも分かりやすくご説明。ドライスーツ購入希望者は是非一度ご来店して相談してください。かなり詳しいですよ。

ナイトダイビング

ナイトダイビング講習は毎週土曜の夜開催可能です。見所は
・昼間寝ている生物が動き出す
・夜光虫が綺麗
・ライトの視界だけでもぐる心地の良い緊張感
昼間とはまったく違う感覚で潜ることができます。大人になってこんなにどきどきすることも少ないからナイトダイビング終了後「ん~、楽しかった~~。」ってなります。よ

スノーケリング講習

フィン、マスク、スノーケルで水面を泳ぐ練習をします。
ダイビングが上手になりたいな。って思うなら一番初めに受講すべき項目です。
泳ぐのが上手になるとダイビングが一段と上達します。まさに基本の基本です。
余裕のある方はその先、フリーダイビングまでチャレンジしてみましょう~。
最終目的は伊豆海洋公園の水中ポスト(水深20m)へ水面から投函しに行く!です。
※写真は疲労ダイバー曳航:疲れちゃった人を岸まで連れてく練習です。

ナビゲーション【水中ロゲイニング】

水中で使えるコンパスを使った、水中での自分の位置を確認、移動をする方法を練習します。
最近【水中ロゲイニング】がじわじわ人気です。
【水中ロゲイニング】とはマップを元にして、数箇所のポイントを制限時間内で回って得点を競うスポーツです。チーム戦で残圧が規定値以下、タイムオーバーで減点。バディーロストは失格。などダイビングのルールを守らないと勝てない仕組みになっていて、ダイビングの基礎力が重要になってきます。新しい遊び方ですよ!

スキルアップ講習

こちらの講習は座学のみです。
ダイブコンピュータの中身を分かりやすくご説明。
・過去の減圧症発症例から学ぶ安全ラインはどこにある?
・ダイビングコンピューターの欲しい機能と理由が分かる!
コンピュータは、無限圧限界時間と水深を見るそしてログ付けの道具と思っている方のためのもの講習です。中級者~上級者向けの内容となっております。
2018年からの新しい講習です。

アドバンス料金システム

基本料金

25,000円

基本料金は講習費、申請費が含まれます。ダイビング代が別途必要になります。
2ビーチ×2日間+オプション1ビーチ 合計5本
最短2日間で31,200円のダイビング代が必要になります。

アドバス認定基準

・経験本数が20本以上
・必修科目のコンパス、ディープを受講している
・アドバンス講習を最低5つ受講している

アドバンス受講特典

リトルリッツのアドバンス講習は1度受講されますと6ヶ月間、全授業が何度でも無料で講習可能となります。最低5つの講習内容を選択しますが全項目受講していただいても講習費は同じです。通常ダイビングフィーのみで受講できます。

講習別別途料金のご案内

ナイトロックス:ナイトロックスタンク代2,000円又は、年間ナイトロックス会費8,000円
フロート打ち上げ:フロート、リールの所有が前提になります。当店購入の場合6,500円
ボートダイビング:ボート代3,000円
ダイブコンピューターを使った安全潜水講習:5,000円。当店ダイブコンピューター購入者無料
スペシャリティーカードの発効:1枚4000円。ナイトロックスのみ必須です。

アドバンス講習が終了。次はレスキューダイバーを目指そう!

レスキューダイバー育成プログラム
助ける側のトレーニングをすることで安全意識の高いダイバーに成長します。
事故を起こさない。事故を起こさせない。
万が一の時には現場のサポートが出来るようになります。
ダイビングを趣味として極めると言えばここが目標です!
※リトルリッツでレスキューを受講するとスキルレベル維持のためのレスキュー講習が受講費無料で参加できます。スキル維持のために定期的な講習にも余計な費用が掛かりません。だからリトルリッツのレスキューダイバーは意識もスキルも高いのです!