ナイトスノーケル

このエントリーをはてなブックマークに追加

動画でイメージしてみる

朝日テレビの取材を受けました♪(現在の開催場所、料金が異なります。)


自然の神秘!夜光虫観察ツアー

この青い光は何?
海で光る不思議な青白い光。とっても幻想的でしょ?

ナイトスノーケル

沢山の青白い光の粒の集合体の写真です。季節にもよって見られる数は変わりますが、一年中観察できます!
※条件が良いと、このような写真が撮れます。


観察方法はこんな感じです♪

ナイトスノーケル2

スノーケリングの装備をして

時間は夜、日が暮れてから

夜の海に入るのはちょっと怖いと思いますが安全管理もしてあり

足の付く範囲で観察ツアーを開催いたします。

水中で夜光虫を観察するとすごい楽しい!!以前開催していたときは1日で300枚以上のチケットが売れたツアーです。魅惑の夜光虫観察ツアーです。非日常を味わってみてください!!


海に入って直ぐ足元に!!魚も観察でるよ~♪

夕暮れから海に入って前半は水中生物観察会です。

いろんな水中生物も観察できます。

後半は真っ暗になったら。お楽しみ夜光虫観察ツアーに変わります!


夜の海の危険性

1:夜行性のウニが活動時間になって出てきます。

対処法:インストラクターの指示に従って歩いてください。ウニが居ない場所を通ります。

2:ダツなどの光に敏感に反応する生物が突進してくる可能性があります。

対処法:開催日の当日にダツ等が居るかチェックいたします。水中ライトの使い方をご説明します。

3:暗いのでどこに誰が居るか分からない

対処法:1回の開催でスタッフ1名につきゲスト6名までの受付となります。バディーシステム(当日説明します。)を活用して、インストラクターの目や支持が行き届くための人数比を厳守して開催いたします。

4:その他、インストラクターの指示に従って行動してください。

対処法:海況判断で中止になる場合も有ります。わがままは怪我の元です。

※免責事項

滑って怪我をした、海水の誤飲など多少の痛みや擦り傷は十分考えられます。インストラクターの指示にもとに行動をしても多少の怪我のリスクはありますのでご了承ください。傷害保険も加入してあります。怪我をされた場合はインストラクターまでご報告お願いいたします。

参加条件

以上の事柄を十分理解して行動していただける方。

最低限の体力は必要になります。

10歳以上(18歳未満は保護者同伴)

体重30k以上(それ以下はウエットスーツの用意が有りません)


詳細

最低開催人数:2名様から(1名様参加の方ご相談ください)

開催日:通年開催。毎週火、木の週2回開催です。(その他の日程はご相談ください。)

参加費:6000円

保険代:500円

施設利用:1500円(付き添いの方も掛かります。当日に体験ダイビングご利用の場合1,000円引き)

必要器材:ウエットスーツ5mm以上、ブーツ、グローブ、マスク、スノーケル(セットでレンタルの場合2,00円)

集合時間:日没くらいの時間(17時~18時:開催季節により変わります。)

お車の方:駐車場代(現地精算です。施設受付に直接1,000円)

電車の方:伊豆高原駅からタクシーをご利用ください3kmくらいです。

※ウエットスーツは体の保温、保護、浮力の確保と3つの役割があります。5mm未満のウエットスーツの方はライフジャケットの着用義務があります。ラッシュガード、肌を露出させるようなウエットスーツではご参加いただけません。


よくあるご質問

全費用込みはいくら?

ナイトスノーケル参加でフルレンタル込みで税込み10800円です。

水に入らない人でも料金が掛かりますか?

施設利用料が掛かります。休憩室やトイレのご利用が可能になります。一部私有地なのでご了承ください。

夜光虫は写真で撮れますか?

夜光虫の異常発生時は上記のような写真が撮れる場合も有りますが普段は撮れません。動画も同様です。写真や映像に出来ない繊細だけれども肉眼ではハッキリ確認できます。どうぞ写真に出来ない感動と思い出をお持ち帰りください!写真、映像を撮りたい方はご相談ください。

(以前、報道ステーション、キスマイブサイク、NHKのご担当者様からも撮りたいとご相談いただきました!鉄腕ダッシュへは写真提供、放送されました。)

ナイトスノーケル4