ラジアルドライスーツ一覧

このエントリーをはてなブックマークに追加

レジェンド3-LEGEND3-

男性用モデル:2mmラジアルドライスーツ


フロンティア3-FRONTIER3-

女性用モデル:2mmラジアルドライスーツ


エクスプローラ2-EXPLORER2-

男性モデル:3.5mm/5mmラジアルドライスーツ


エクスプローラ3-EXPLORER3-

女性モデル:3.5mm/5mmラジアルドライスーツ


モニターレンタル

リトルリッツでは全てのラジアルドライスーツをモニターレンタルが出来ます。ご購入相談をしたい方はお気軽にご連絡ください。購入前に着心地や既成サイズのサイズ感を確かめたいという方是非に!

TEL:0557-54-2585(担当:佐藤が誰より詳しくご案内できます。)

ZERO ラジアルドライスーツの性能

ラジアル

ウエットスーツ生地の上にラジアルを4回に分けてコーティング。コーティングの回数で強度に差が出ます。他社のラジアルの標準が2回コートなのに対してZEROのドライスーツには4回のラジアルコートを施ししているのでラジアル素材の強度が違います。ラジアルを重ねてコーティングすると水を含まない素材に変化します。ダイビング終了後のぬれている時間がほぼなくなるので風が強い日やボートダイビングでは気化熱が発生しないのでジャージ生地のドライスーツより非常に暖かいです。ボートの上では気化熱により体温を奪われないので体感温度で10度くらい暖かく感じます。

メリット
・水切れが良く暖かい
・擦れやピンホールに強くなる
・持ち帰りのとき水が滴らない


新作プラスチックファスナー

従来品の金属ファスナーより方の動かし安さが格段に向上しました。
金属ファスナーのように歯折れがなく破損し難くなりました。
スライダーのすべりも向上してファスナーの開け閉めが容易です。
金属ファスナーよりも価格が下がりました。

いい事尽くめのプラスチックファスナーを使用しております。


ZEROのブーツがすごく良い

ドライスーツの場合足が浮くというのが問題になってきて、500gのアンクルウエイトをつける方が非常に多いです。

しかし、ゼロのドライスーツのブーツはこのような形状をしていて

ソックスにソールと足の甲に当てをつけただけのような構造になります。
この構造が非常によくて足首がフレキシブルに動くようになります。
水圧でブーツ部分がつぷれるので足に無駄な空気がたまらないから足が浮きにくい構造になります。このためZEROのドライスーツではアンクルウエイトが必要なくなります。

また硬い部品が少ないため経年劣化による素材が”割れる”事が無いので足首からの水没やブーツ交換までの寿命が他社のブーツより長くなります。

ソックスタイプの製作物可能

メリット
・アンクルウエイトが要らなくなる:フィンキックが楽になります。
・製品寿命が長い
・ブーツの裏までひっくり返せるから清潔に保てる


バルブのメンテナンス性が良く、緊急時にも備えてある。

ドライスーツの緊急時どんなことを思い出すでしょうか?

不意なトラブルは吸気バルブで起こることがあります。
吸気バルブからドライスーツへの吸気が止まらない。ということが有ります。
多くのメーカーの吸気バルブは押したままの状態からスイッチが戻せないので吸気を止める方法はドライホースを抜くこと以外ありません。しかしゼロが採用しているD社のバルブは、吸気しっ放しの状態になったとき、スイッチを指で引っ張ることで元の位置に戻せるようになっております。

また、分解清掃も簡単です。10分程度でメンテナンスが出来るようになっています。
ダイビングのことがちゃんと分かっているメーカの部品は合理的に出来ています。


ドライスーツのメンテナンス

器材を長く大切に使うためにはメンテナンスが一番大切です。どんな高級器材も経年劣化が生じます。特にドライスーツの場合ほんの少しの入水も許されません。ピンホール一つでも早期にメンテナンスをすることで彼方のダイビングのクオリティーが上がっていきます。

ZEROの商品は国内生産の生地を国内加工で仕上げた、文字通り最高の国産ドライスーツです。
千葉県木更津の工場で生産、メンテナンスを行っております。

ドライスーツが万が一破損しても直ぐに直せる環境が整っているのは外国産の製品と大きな違いになります。アフターサービスまでが最高の商品の条件です。

※リトルリッツ購入特典でも簡単に直せる修理メンテナンスはその場で無料でご提供いたします。

ラジアルドライスーツの選び方

生地を選ぶ、ドライスーツのモデルを選ぶ

ZEROラジアルドライスーツには4種類の生地があります。
・2mmラジアル(佐藤オススメ品)
・3.5mmラジアル
・5mmラジアル
・6.5mmラジアル(カタログ外品)

生地が薄いもの=動きやすい
生地の厚いもの=暖かい

生地の薄いものはインナーを着ることで保温性を高めます。水温によってインナーを調節できて対応の水温の幅が広くなります

生地の厚いもの特に6.5mmは耐久性と保温性が優れているので、冷水温で長時間作業をするようなコマーシャルダイバーの方が多用している素材です。暖かい反面重く動きが制限されます。体重の軽い女性には不向きな素材です。


カラーを選ぶ

ZEROのラジアルドライは5色から選べます。黒以外の4色を使ったラジアルドライスーツが作れるのはZEROのみオリジナルカラーです。他社のラジアルは黒のみです。

カラー見本
本体のカラーと貼り合わせのラジアルテープのカラーをお選び頂けます。

既成サイズでもカラーは全て自由に選択できます。


サイズを選ぶ

まず採寸をします。

次に、既成サイズが合うかをチェック。
サイズが合えば既成サイズのドライスーツで良いと思います。
既成サイズで一部あわないところがあればイージオーダーかフルオーダーを検討します。
イージオーダーは最大3箇所まで、4箇所以上直す部分があればフルオーダーを選択します。

サイズ選択に合わせてインナーも相談しましょう。
・インナーが少なければタイトに製作:ウエイトを減らすことが出来ます。
・インナーが多くなれば少し大きめに製作:低水温にも対応できます。

便利なオプション

ひょうたんパット

標準の膝パッドより動きやすいのが特徴。


専用メインナー

3.5mm以上の厚みのドライスーツなら真冬もコレで十分。

2mmドライスーツを使ってる方にはこちら、陸でも十分暖かい風も通さない。水没しても濡れている感じがしない魔法がかかっている最高のインナースーツ。
※佐藤も使っています。


ドライバックに最適

移動時のドライスーツの保護とぬれたスーツで周りをぬらさない配慮を。普段から使えるカッコイイバック


専用ハンガー

肩の広いドライスーツ専用ハンガー、保存時にドライスーツに負担を掛けずに吊るせます。
※佐藤も使ってます


ドライスーツに相性のよいBC

ハーネスが金属で出来ているのでウエイトの代わりになります。メーカーによってい2.7~3kgくらいになります。ウエイトベストも不要になり、腰のウエイトも削減できます。持ち帰りの水切れも非常によいです。
※佐藤も使っています


サイドポケット

ドライスーツに相性がよいBCを使うとポケットがなくなるのであると便利な太もものサイドポケット。
ドライスーツに貼り付けるタイプとハーフパンツを履くタイプの2種類があります。
※佐藤も使っています。


ドライスーツに相性のよいフィン

アポロのバイオフィンスプリングストラップ仕様
ドライスーツの時はフィンキックを小さめにしたほうが抵抗が出なくて泳ぎやすいです。
小さなフィンキックでもちゃんと進むバイオフィンオススメです。
※佐藤も使っています。


購入特典

・サイズ保障
万が一サイズが合わない場合は無料サイズ直しを承ります。

・ちょっと破損無料修理
手首、首の裂けを無料で修理いたします。バルブの簡単なメンテナンスも無料承ります。

・ドライスーツ講習無料

・モニター品レンタル無料
修理中など何回でもドライスーツのレンタル無料です。

・全国出張採寸
関東、中部、東北は1着から無料。それ以外の地位でも2着以上で出張採寸無料です。