ナイトロックス講習

このエントリーをはてなブックマークに追加

ナイトロックス(エンリッチド・エア)講習、通常でも安い!

ナイトロックスダイビングTOP

日程1日(下記Q&A参照)
講習費:5,000
申請費:4,000円
教材費:無料
合計:9,000円
ナイトロックス対応のダイブコンピュータは必須になります。
※レンタルコンピュター:2,000円
※最終的に掛かる金額はQ&A参照。
講習前に一回試してみたい。と言う方は
ナイトロックス体験ファンダイブ


ナイトロックス講習費が無料になります

ナイトロックスダイビング2

リトルリッツでナイトロックス(エンリッチドエア)対応のダイブコンッピューターをお買い上げの皆様にナイトロックス講習(5,000円)を無料プレゼント!
ダイブコンピューターを当店でお買い上げで講習費5,000円引き→これで講習費無料!
※どのメーカーでも講習費無料。
講習終了後はナイトロックス会員年間8,000円で使い放題。海洋公園、富戸、で全てのダイビングがナイトロックスタンクへ変更できます。1本1,000円のアップグレード料金が掛からなくなります。


ナイトロックス(エンリッチドエア)を使うとこうなります

ナイトロックスダイビング3

通常の空気よりも無限圧限界を伸ばす事ができるようになります。
また違う視点で見ると、空気を使うよりナイトロックスを使うと減圧症に対するリスクが減ります。

例えば、水深18mの欄を見てみると
・空気での無限圧限界時間が50分
・ナイトロックス32%の無限圧減秋時間が90分
と表記されています。計算すると無限圧限界が1.8倍となることが分かります。

水深30mで見てみても
・空気での無限圧限界時間が15分
・ナイトロックスでの無限圧限界時間が25分
こちらは約1.66倍の時間水深30mに滞在できるということになります。

なぜ無限圧限界時間がこれほど延びるかというと、空気よりナイトロックス32%を使って潜ると呼吸するタンクの中の窒素の割合が少ないので体に窒素が溜まりにくいという結果になります。


Q &A

器材は通常のものでいいの?
従来のものが使えます。
ただし、必ず定期的にオーバーホールをされているレギのみ使用可能です。オーバーホール期限の切れているレギュレーターは不慮の事故を防ぐためレンタルレギのご利用をお願いします。

講習のスケジュールはどうなるの?
学科をダイビング前もしくはログ付け後に行います。
酸素アナライザーの使い方実習
ナイトロックスタンクを2本使って海洋実習
という流れになります
通常のファンダイビングより1時間半~2時間のお時間を頂きます。

指導団体の制限はある?
制限はありません。
どちらのダイビング指導団体でも受講可能です。

最終的に掛かる料金は?
1日で受講終了です。
・2ビーチ:12,950円
・ナイトロックス(エンリッチドエア)タンク:1,000円×2本=2,000円
・講習費+申請費=9,000円
・サービス料:250円(ダイビング保険代です。)
最終合計24,200円(当店コンピューター購入者:19,200円)

※上記料金は伊豆海洋公園、富戸の場合です。他のポイントの場合ナイトロックスタンクの料金差額が発生します。(ナイトロックスタンク1本1,000円~2,500円となります。)
以上の理由より海洋公園、富戸が潜水禁止の場合。講習は基本延期とさせていただきます。