シグナルフロート打ち上げ講習

このエントリーをはてなブックマークに追加

コンセプト

リトルリッツでは安全潜水のための・フロート打ち上げスキルの習得を推奨しております。
料金:3,000円
(通常ダイビング代別途)
必要器材:フロート、リールをご用意下さい。(持ち込みOK)

器材販売
2点セット:6,500円+税
リールのみ販売2500円+税
※分からない事や、ご質問など分からない点はお気軽にお問い合わせください。開催は随時1名様より承ります。

フロート打ち上げ スキルアップ

フロート打ち上げ講習の目的

この講習では以下の項目の達成をゴールとしています。

・水深15mからのフロートを水面へ打ち上げ
・フロートを使ってコントロールされた浮上
・フロートを使った安全停止

上記3つの事柄を達成できるように講習をします。


フロートを使うメリット5つ!

・水深が深いところにいても自分の居場所を知らせることが出来る。(迷子対策)
・フリー浮上での安全停止が簡単になる。
・浮上速度の管理が簡単になる。
・中性浮力が上手になる。
・雲見、神子元などのボートダイビングでは必要スキル。

フロート打ち上げスキルアップ2

業界に先駆けてフロート打ち上げ講習を導入しております。2012年のブログより

GWも終わって、ひと段落した今日この頃。

昔の事故資料なんか引っ張り出してきて
読んだり考えたりしてました。(迷子での水中での死亡事故ってたまに発生しています。)

で、やっぱり初心者の方は一人で浮上が満足に出来ない。
もっと浮上のスキルを身に付けるとより安心して潜ることができるのではないでしょうか?

この講習は6~7年前にも実施して普及させようと思っていた時期があって実際に行っておりましたが、やり方が悪かったのだと思います。全然普及しなかったんですよね。

リールとフロートを使った浮上方法はテクニカルダイビングでは基礎中の基礎の部分で、講習の初期の段階でみっちりやる項目だったりします。
こういうことをやって中性浮力だとか、浮上スピードに対する意識を高めているのだと思います。

レクリエーショナルダイビングでも中性浮力、浮上スピードは大事なのに、結構おざなりに講習を終了してちゃんと出来ていない人が最近増えてるような気がするので、こういった講習を始めてみようと思いました。

さらに、シグナルフローとの普及率も悪いな~って思ってます。
コレはダイバーの万が一に備えた必需品です。

シグナルフロートとリールの使い方を勉強すると
レクリエーショナルダイビングでも結構便利に使えます。

・迷子時の対策
・フリー浮上対策
・安全停止が楽になる
・浮上速度の簡単管理。

ボートポイントでは比較的有効に使えます。

特に安全停止はフロートにぶら下っているだけで良いので
普段使いも出来るスキルなのです。

いま、フロートを持っていない方。ゼヒこの講習を受けて、最低限の装備とスキルを身に付けましょう!海で死なないためのスキルアップ講座です。

全ダイバーにフロートの携帯と使い方を覚えてもらう。
コレがこの講習の目的です。

ボートダイビングはフロート必携だし、普通に潜るのにおいても、緊急時の対策は必要ですよ。